【夫婦の絆の象徴】結婚指輪を選ぶときのポイントとは?

指輪

平均価格や特徴の違い

カップル

需要のあるデザインや品質

結婚指輪の購入価格の全国平均は約20万円ですが、これは世代を考慮せずに算出された数字です。つまり世代ごとに算出すると、結婚指輪の平均価格は違った数字になるということです。具体的には、20代のカップルからは、10〜15万円の比較的リーズナブルな結婚指輪がよく選ばれています。これは、社会に出てからの年数が少ない分、長く働いている人と比較すると年収も貯金も少なめだからです。中には、10万円以下の結婚指輪を選ぶというカップルもいます。しかし価格はリーズナブルでも、デザインにはこだわりがあることが多く、特にプラチナとゴールドのコンビとなっている華やかな結婚指輪に人気があります。一方30代のカップルは、全国平均と同じ約20万円の結婚指輪をよく購入しています。品質の良さを求めるカップルが多く、プラチナもゴールドも純度の高いものが尊ばれています。また、社会人としての脂が乗っている世代なので、ほとんどのカップルが、仕事の妨げとならないようなシンプルなデザインの結婚指輪を選んでいます。そして40代以上のカップルからは、高品質でなおかつ高級感のある結婚指輪に需要があります。若い世代と比較すると、年収が高く貯金も多く、さらには年長者としてのプライドもある程度養われているからです。ダイヤモンドがついていることも多く、その分平均価格は30万円前後と高めです。このように結婚指輪の特徴や平均価格は、購入する世代ごとに異なっているのです。そのため購入時には、それを意識して、適したものを選ぶことが大事です。

Copyright © 2017 【夫婦の絆の象徴】結婚指輪を選ぶときのポイントとは? All Rights Reserved.